OKDブログ おトク情報

住宅購入の時にチェックする諸費用とは・・・

住宅購入の時にチェックする諸費用とは・・・

住宅購入の相談を受けるとき、いくらぐらいのお家づくりを検討されていますか?
と質問すると、ほとんどの方が3000万円ぐらいです、とか4000万円ぐらいです、とお答えされます。

その考え方でお家づくりを進めてしまうと確実に予算オーバーになってしまいます。

なぜなら、ほとんどの方のお家づくりに対しての予算は土地と建物だけで考えているからです。
でもお家づくりにはそれ以外にかかる諸費用が結構かかることを知っておいてほしいと思います。

ざっと一般的にかかる諸費用を書き出してみると・・・

■ローンに関わるもの
ローン事務手数料

ローン保証料

ローン契約印紙代

つなぎ融資手数料

つなぎ融資金利負担費用

■土地購入に関わるもの

仲介手数料

固定資産税清算金

登記費用

契約印紙代

■建物購入に関わるもの

各種申請費用

地盤改良費用

契約印紙代

登記費用

火災保険

カーテン

空調

照明

■その他

外構費用

引っ越し代

など

これぐらいの諸費用はかかってきます。
他にも土地によっては造成費用や深基礎などもかかってきますので

土地建物以外にかなりの費用がかかることを覚えておいてください。

これらをまとめるとざっと400万円から500万円の費用がかかります。

なので土地建物で4000万円で、と考えているとその時点で4400万円から4500万円の家づくりになるということです。

ここで問題なのが・・・
住宅会社が出してくる資金計画(見積もり)にはこの諸費用が甘々で見られているということ・・・

住宅会社は資金計画の総額はできるだけ低く出したいと思っています。
なので諸費用の金額はかなり低く見積もってある、もしくはそもそも資金計画に入っていないものを提示してくる傾向にあります。
(全部とは言いませんが・・・)

例えば、地盤改良費用などはほとんどの会社が「調査結果による」と記載してます。

これは怖いです。
もし、調査して地盤改良工事が必要になると70万円から80万円、高いところは120万円の工事費用を請求してきます。
これが当初の資金計画に入っていなく、後からどん!と乗ってくるわけです。

なのでこういう費用は初めから入れておいて改良工事がかからなければラッキー!ぐらいにしておかなければいけません。

こんな資金計画を出してくる住宅会社ばかりです。

他にも落とし穴はたくさんあります。

弊社でライフプランニングをさせていただいているお客様には資金計画の見方までお伝えし、弊社独自のサービスでこの資金計画の読み取りを
抜け目のないようにサポートさせていただいております。

ぜひ、弊社でお家づくりの準備をして損のないように、こんなはずじゃなかったなんてことにならないようにしていきましょう!!

お家づくりの勉強会を毎月開催しております。
5月のご案内はコチラからどうぞ!

お家とお金の勉強会はこちら

#住宅ローン減税
#固定資産税
#つみたてNISA
#ideco
#老後2000万円問題
#子ども
#マネーセミナー
#奈良で新築一戸建て
#奈良ママ
#子育てママ
#関西ママ
#奈良ママと繋がりたい
#子育て世代に優しい
#奈良工務店
#マイホーム計画
#マイホーム計画中の人と繋がりたい
#奈良FP
#注文住宅
#ハウスメーカー
#ハウスメーカー選び
#子どものいる暮らし
#マネーセミナー
#お金の勉強
#奈良で唯一のマネースクール
#ファイナンシャルプランナー
#平家の家
#最近人気
#ヒュッゲな暮らし
#住宅ローン
#事前審査

 

O.K.D 岡田

趣味は子供のPTA活動。

PTA会長の経験もあるパパFP(ファイナンシャルプランナー)です。

中立的な第三者の立場から、住宅購入や資産運用について専門的なアドバイスを提供。

おかげさまで相談件数は合計1,000件を超えました。

定期的に勉強会やセミナーを開催中。

個別相談も初回90分間は無料でご提供しています。

是非お気軽にご相談くださいね。

LINEでも情報発信しております。 

イベント情報や、資産運用のコツなど配信あるかも・・・

是非ご登録をお願いいたします!!

友だち追加

-OKDブログ, おトク情報

Copyright© おうち購入研究所/住宅専門ファイナンシャルプランナーが教えるおうちの買い方はこれだ【O.K.Dコンサルティング】奈良FP 橿原FP , 2021 All Rights Reserved.