おトク情報

住宅ローンの「事前審査・仮審査」とは? 住宅購入専門FPが分かりやすく解説します!

2019年12月28日

住宅ローンの「事前審査・仮審査」とは?

こんにちは、O.K.Dコンサルティングの岡田です。

 

今回は住宅ローンの「事前審査・仮審査」について、分かりやすく解説します。

 

マイホーム購入をするときに、多くの人が住宅ローンを利用しますよね。

 

OKD 岡田
僕も地元奈良の南都銀行さんで住宅ローンを借りました。

 

ただ、銀行は住宅ローンを無条件で貸してくれるわけではありません。

 

住宅ローンを借りるには、第一ステップとして「事前審査・仮審査」

 

第二ステップとして「本審査」

 

この2つのステップを通過する必要があります。

 

今回は、この第一ステップである「事前審査・仮審査」についてのお話です。

 

「事前審査・仮審査」の結果が分かるまでの期間は? 

「事前審査・仮審査」の結果待ちの日数

住宅ローン手続の全体の流れは以下のようになります。

 

事前審査・仮審査の結果が出るまでの日数はだいたい3〜4日程度

 

ちなみに、この事前審査・仮審査なんですが自分でやる人はほとんどいません(笑)

 

多くの場合、住宅展示場とかでハウスメーカーの営業マンさんが勝手にやってくれるんです。

 

OKD 岡田
僕の場合も、○○ホームさんの営業マンの方が勝手に通してくれてました(笑)

 

事前審査・仮審査は口頭で伝えた情報をもとにして審査してくれます。

 

なので、第二ステップの本審査と比べるとかなり気楽な感じです。

 

「事前審査・仮審査」は自分でもできる?

先程お伝えしたとおり、「事前審査・仮審査」は住宅展示場のハウスメーカーさんがやってくれることがほとんどです。

 

ただ、住宅ローンに通るのか不安だから先に自分で「事前審査・仮審査」をやっておきたいという方もいますよね。

 

そういう方は、近くの銀行の住宅ローン窓口に行って自分で「事前審査・仮審査」をやっておくことをオススメします。

 

窓口で事前審査申込書という書類を提出するんですが、氏名・住所・生年月日・勤務先情報を記載するだけなのでそんなに大げさな書類ではありません。

 

「事前審査・仮審査」で提出する必要書類はどんなもの?

「事前審査・仮審査」で提出する必要書類は以下の5点です。

「事前審査・仮審査」の必要書類

  1. 年収証明書類
  2. 本人確認書類
  3. 健康保険証
  4. 印鑑
  5. 物件資料

 

カンタンに説明していきましょう。

 

①年収証明書類

サラリーマン・公務員

サラリーマンや公務員の方は、すごくカンタンです。

 

源泉徴収票(直近1年分)のみ必要になります。

 

個人事業主

個人事業主の方は、少し書類が多いです。

 

確定申告書(直近3期分)が必要になります。

 

会社代表者・役員

自営業者(会社代表者)の方や会社役員(取締役等)の方は、かなり書類が多いです。

 

会社決算書(直近3期分)および源泉徴収票(直近3期分)が必要になります。

 

②本人確認書類

基本的には顔写真付きの証明書が必要なので、運転免許証もしくはパスポートを提出します。

 

運転免許証もパスポートも無い場合には、住民票を提出すればOKです。

 

③健康保険証

会社の在籍年数を確認するためにも、健康保険証の提出は必須です。

 

④印鑑

印鑑は実印に限らず認印でもOKです。

 

ただし、シャチハタは不可なのでご注意ください。

 

⑤物件資料

物件販売チラシ・見積書・間取り図・土地の公図など。

 

ハウスメーカーや不動産会社からもらえます。

 

「事前審査・仮審査」の審査基準は? 気を付けるべきポイントは?

「事前審査・仮審査」の審査基準についてですが、これも正直に言うと金融機関によって区々です。

 

ただし、どの金融機関に申し込む場合であっても必ず気を付けるべきポイントがあります。

 

気を付けるべき7つのポイントをまとめてみました。

 

住宅ローンの「審査基準」について! 審査に落ちたときの理由と対策についても解説します! - あなたが得する住宅購入の相談なら【O.K.Dコンサルティング】
住宅ローンの「審査基準」について! 審査に落ちたときの理由と対策についても解説します! - あなたが得する住宅購入の相談なら【O.K.Dコンサルティング】

住宅ローンの本審査についてまとめました。そもそも本審査とは? 結果待ちの期間・日数は? 事前審査・仮審査との違いは? 審査基準や、審査に通ったとき&落ちたときの対策などについて解説しています。

続きを見る

 

「事前審査・仮審査」に通ったら? 審査通過後にやっておくべきことは?

事前審査・仮審査はあくまで「事前・仮」の審査であって、住宅ローンを利用するためには本審査を通過する必要があります。

 

そのため、事前審査・仮審査で提出した書類の原本はいつでも出せるように保管しておきましょう。

 

さらに、本審査で必要な書類を余裕を持って集めておくことが重要です。

 

「事前審査・仮審査」に落ちたらどうする? 対応策は?

審査基準のところでお話したとおり、住宅ローンの審査基準は各銀行によって違います。

 

メガバンクなどの大きい銀行は審査基準が厳しいですし、地方銀行などは審査基準が緩い場合もあります。

 

なので、事前審査・仮審査に落ちてしまったら他の銀行で再審査を申し込みましょう。

 

その際には、今回お話した審査基準を全てクリアしてから申し込んでくださいね。

 

O.K.D 岡田

趣味は子供のPTA活動。

PTA会長の経験もあるパパFP(ファイナンシャルプランナー)です。

中立的な第三者の立場から、住宅購入や資産運用について専門的なアドバイスを提供。

おかげさまで相談件数は合計1,000件を超えました。

定期的に勉強会やセミナーを開催中。

個別相談も初回90分間は無料でご提供しています。

是非お気軽にご相談くださいね。

LINEでも情報発信しております。 

イベント情報や、資産運用のコツなど配信あるかも・・・

是非ご登録をお願いいたします!!

友だち追加

-おトク情報

Copyright© あなたが得する住宅購入の相談なら【O.K.Dコンサルティング】 , 2020 All Rights Reserved.